宅建の教材はテキストと過去問のどちらが大切?テキスト・過去問の学習割合や購入時の注意点。

宅建のテキストと過去問はどちらが大切か。

宅見(たくみ)所長

一般的に宅建の勉強で使う教材は、テキストと過去問ですよね。あなたはどちらを中心に勉強しますか?どちらが重要だと思いますか?



宅建試験の勉強でテキストと過去問はどちらが大切?

宅建の教材の中心はテキストと過去問題集です。

このことは、独学で勉強しても通信講座や通学講座で勉強しても同じです。両方とも宅建に合格するためには必要不可欠の教材です。

初めて宅建の勉強をする初日に、一番最初に開くのはほとんどの人がテキストではないでしょうか。

全く何も知識がない状態で、いきなり過去問題集を開いて問題を解くことは少し抵抗がありますよね。

最初にテキストから知識を吸収して、次に過去問を解いて確かめる・知識を定着させる、そして過去問を繰り返して合格に必要な実力をつける勉強方法がオーソドックスな流れになります。

それでは、ここで一つあなたにご質問です。

宅建の教材でテキストと過去問はどちらが大切でしょうか。どちらを重視しなければいけないでしょうか。

答えは「過去問」です。過去問には、宅建士試験の全てが詰め込まれているからです。「宅建試験とは何か?」の答えが過去問の中にあります。

実際に、本番の試験でも過去出題された問題か似たような問題が7割~8割程度出題されます。

注意しなければいけないのは、テキストばかり読み込んでも合格レベルの力はつかないということです。

そればかりか、テキストばかり読むインプット中心の学習、講義ばかり聴いているインプット中心の学習では、合格までに時間がかかってしまい勉強が長期化してしまう可能性があります。

宅建士試験に合格するために大切なことは、問題を解いてい正解できる力です。合格するための力は、過去問演習を繰り返さなければ決してつけることはできません。

宅建テキストと過去問の理想的な学習割合について

最近の通信講座の中には、スタケンのように講義の開始前に過去問を数問解いて、その後講義を聴く、そして再度過去問を確認するという流れで行っている講座もあります。

スタケンについて当サイトで詳しくご案内しています。こちら👇をご覧下さい。

宅建通信講座スタケン【2020年スタケン解説】過去問アプリでおすすめの宅建通信講座!講座内容や口コミ・評判。

それほど過去問を解くことは大切なことです。

ただ、オーソドックスに最初はテキストを読むことから始めるとやりやすいです。

ただし、ずっとテキストを読み進めるのではなく、単元ごとに細かく区切りながら該当箇所の過去問を解く、そして、またテキストを読む、該当箇所の過去問を解くという流れで行うと知識の定着が早くなります

テキストをしっかり読むのは、時間がある人で2回程度、時間がなければ1回程度で問題演習に力を入れていただきたいです。

もちろん、曖昧な箇所、間違えた個所などはテキストに戻って確認することが大切です。

問題演習からテキストを確認すれば、テキストを見る回数はその分増えます。集中して読むのは1~2回程度で十分です。

テキストと過去問の学習割合は、受験勉強の全期間を通じて平均して「2:8」程度が理想です。

少し細かくみると、学習の前半は「3:7」程度、学習の中盤は「2:8」程度、学習の後半から直前期は「1:9」程度のイメージで取り組むと短期間でも効率よく合格を目指せます。

テキストと過去問の学習割合

テキスト 過去問題集
前半
中盤
後半~直前期

宅建テキスト・過去問購入時の注意点

宅見(たくみ)所長

テキストと過去問は、必ず同じ専門学校・出版社のもの、同じシリーズのものをセットで購入しましょう。

あなたが効率よく勉強するために、テキストと過去問は同じ種類のもの、同じシリーズのものを購入すべきです。

テキストはこの資格学校、出版社のもの、過去問題集は別の学校、別の出版社のものを組み合わせてしまうと、スムーズに勉強が進められなくなることもあります。

例えば、過去問を解くとテキストの該当箇所のページが記載されています(リンクされています)。

そのため、理解が不十分な時はすぐにテキストの該当箇所を確認することができます。

さらに、過去問の選択肢によっては、テキストに解説が記載されていないこともあります。

その場合でも、すぐにテキストには掲載されていないことが分かるので、無駄にテキストを探さなくて済みます。

この時点で、無駄な時間を短縮することができます。

このような時は過去問の解説をしっかりと読んで、場合によっては、過去問の解説をテキストに書き込んでおくと後から把握しやすくなります。

また資格学校や出版社によって、説明の仕方に少しだけ「クセ」があります。このクセは資格学校や出版社によって少しずつ異なります。

テキストや過去問解説の雰囲気や説明の仕方が同じ方が頭にスムーズに入ってきます。

テキストと過去問は同じシリーズで統一しましょう。

まとめ(おすすめのテキスト・過去問)

宅見(たくみ)所長

おすすめのテキストと過去問は、当サイト(宅建えーる)で詳しくご案内しています。是非、参考にしてみて下さい!

おすすめのテキストや過去問については、当サイトで詳しくご紹介しています。

当サイトおすすめのテキストについてはこちら👇をご覧下さい。

2020宅建士おすすめテキスト【2020年最新】おすすめの独学用宅建テキストを徹底比較!詳しく解説します!

当サイトおすすめの過去問題集についてはこちら👇をご覧下さい。

2020宅建おすすめ過去問【2020年必見】おすすめの過去問をご紹介!宅建士に短期間で効率よく一発合格できる!

宅建試験に合格するために必要な力は、「問題を解いて正解できる力」です。

問題を解いて正解するために大切なことは、過去問題集を何度も何度も繰り返すことです。

あなたも過去問中心の勉強で、宅建の合格を勝ち取って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です