【合格の秘訣】宅建士試験に一発合格するための10箇条。短期合格のコツがわかります!

【2019年番外編】宅建士に夏から始めて合格できるLECとらの巻!私が使った最短合格テキスト!

LECテキスト宅建士とらの巻ととらの子

宅見(たくみ)所長

宅建士試験研究所の所長の宅見です。前回、5種類のおすすめのテキストについて👇ご紹介しました。今回は、勉強期間が少ない人向けに効率よく合格を目指せるテキストを1冊ご案内します。
宅建士テキスト5冊【2019年注目】宅建士に効率よく合格できるおすすめの人気テキストはコレ!分かりやすさを比較。
勉強期間が少ない人でも合格できるテキストがあるんですね!そんなテキストがあるなら一番最初に教えて下さいよ。

会社員 建一

宅見(たくみ)所長

その前に建一さん、宅建士試験に効率よく合格するたの勉強方法について説明してきましたよね。宅建士試験研究所おすすめのテキストや過去問を使って、おすすめの勉強方法で取り組めば建一さんも必ず合格できます。
はい、宅見所長に教わったことを取り入れて頑張っています。以前のやり方よりも時間を短縮しながら覚えられるようになってきました。

会社員 建一

宅見(たくみ)所長

それは良いことですね!とても嬉しいことです。ところで建一さん、もう一つ確実に合格するために大切なことがありましたよね。何か分かりますか?何回か話しましたよ。
もう一つ大切なことですか?何でしたっけ?

会社員 建一

宅見(たくみ)所長

それは、「少しでも早い時期から勉強を開始して、最後までコツコツと努力すること」です。とても大切なことですよ。
それです!合格するために大切なことは、勉強はなるべく早い時期に開始して最後までコツコツと頑張ることですよね。私は早めにスタートできましたよ。

会社員 建一

それでは、番外編としてテキストを1冊ご紹介します。

 

はじめに

今回ご紹介するテキストは、LECの「どこでも宅建士とらの巻」です。黄色の表紙の中に黒の文字で「宅建士とらの巻」とタイトルが表示されています。また、虎(とら)の写真によってかなりインパクトのあるテキストです。

このテキストを購入したきっかけはプロフィールの中でご説明しました。このプロフィールは一つの悪い例として参考程度に見ていただきたいと思います。私の場合、意志の弱さ等から勉強開始時期がかなり遅くなってしまいました。

具体的に勉強を開始した時期はお盆休みからでした。この時、宅建士の受験を決意した当初に購入したテキストでは、ボリューム的に最後まで勉強を終わらせることは厳しいなと感じていました。

そのため、急遽仕切り直してこの「宅建士とらの巻」を購入しました。

本来なら、受験を決意した時期が宅建士試験の年の1月でしたので、もしこの1月から勉強を開始してコツコツとじっくり取り組むことができれば、もっと高得点でゆとりをもって合格できたと思います。

宅建士に合格さえすれば点数は何点でも良いという考え方もあります。でも今後、宅地建物取引士として仕事をしていく人は仕事で試験勉強の知識を活かさなければなりません。

短期的に慌てて勉強した知識は、私も経験しましたがほとんど身に付きません(試験が終わればすぐに忘れてしまいます)。

それなら、例えば6か月前、8か月前、1年前から丁寧に勉強に取り組むことができれば試験結果はもちろんですが、その後の仕事でも十分に役立てることができます。

以上の理由から、宅建士の勉強開始時期が本番の試験まで残り2か月とか3か月もないような人にはこの「宅建士とらの巻」がおすすめですが、早めに取り掛かってコツコツ勉強できる人には、このサイト内でご紹介したテキスト(特に、①LEC、②TAC、③ユーキャン、④日建学院)がおすすめです。

⑤の駿台のテキストは、今回ご案内する「宅建士とらの巻」と似たような種類のテキストで勉強期間が少ない人が短期間で合格を目指すテキストです。

 

私がもう一度宅建士試験を受験するとしたら

もしも私が、再度宅建士試験を受けるとしたら・・・

 

もし、私が宅建士試験を再度受けるとしたら、本番の試験まで少なくても残り6ヶ月(半年)程度前から勉強をスタートさせます。実際は、仕事と勉強の両立は厳しく、かなり苦しんだからです。

 

もし独学で受験するとしたら・・・

 

使うテキストは宅見所長がおすすめするテキストのうち①から④の4冊の中から検討します。購入したい過去問(LECウォーク問)とのバランスからLECの「出る順宅建士合格テキスト」を購入して使います。

 

このテキストを使えば、丁寧で分かりやすい説明はもちろんですが、ポイントが分かりやすく暗記もしやすいからです。また、このテキストの内容であればゆとりを持って合格できます。実際は、ボーダーラインギリギリの合格でしたので。

 

もっと言うと・・・

 

独学はいろんな面で厳しかったので、独学はやめて通信講座を受講します。通信講座を利用すれば、勉強はかなり楽になることを、他の資格で学びましたので。

 

通信講座の中でもスタディングを申込むと思います。スタディングの受講料は、独学で勉強した場合とほとんど変わりません。また、低価格でも効果は抜群です(合格お祝い金制度もあります)。

 

スタディングなら講義もテキストも分かりやすく、さらに、たくさんの問題演習がいつでもどこでも好きな時にできます。

 

独学で勉強するよりも、人から教えてもらって勉強する方が断然理解は早いです。スタディングはおすすめですよ。

 

(スタディングに移動します)

 

 

宅見(たくみ)所長

それでは、LECの「どこでも宅建士とらの巻」の内容を見ていきましょう!評価については、宅建士試験研究所の評価方法です。
宅建士試験研究所のテキストの評価方法
  • ボリューム(適当か、ページ数、文字の大きさ、厚さ等について比較)
  • 説明の分かりやすさ(理解しやすいか、丁寧か等について比較)
  • ポイントの見やすさ(重要度ランク、色、アイコン、表、図、要点まとめ等について比較)
  • 暗記のしやすさ(比較表、ゴロ合わせ等について比較)
  • 値段

 

短期決戦型テキスト 「どこでも宅建士とらの巻(LEC東京リーガルマインド)」

宅見(たくみ)所長

とらの巻の良さの一つですが、毎年5月頃出版されるので宅建士試験の出題範囲の法改正情報がちゃんと掲載されています。法改正については毎年出題されるため、特に独学で勉強している人にとっては安心です。

LECテキスト 宅建士とらの巻

 

ボリューム

「宅建士とらの巻」は、全部で493ページの1冊のテキストです。

駿台の「宅建士速攻テキスト」と比べるとページ数は少ないですが、文字のサイズが駿台より小さくびっしりと書いてあるため、ボリューム的にはLECとらの巻の方が駿台速攻テキストよりあります。

過去問等の章ごとの問題演習もありませんので、短期集中型のテキストとしては、比較的掲載されている項目は多めです。

テキストの厚さはページ数が少ないため、ご紹介した駿台やTAC、日建学院のテキストよりも薄いですね。

本文の文字のサイズはやや小さめです。

また、「とらの巻」という要点まとめの箇所が頻繁に出てきます。この「とらの巻」の文字のサイズはさらに小さいですね。

後ほどご説明しますが、「とらの巻」の内容は分かりやすく、暗記もしやすいのですが文字のサイズは小さめです。

左端や右端の欄外もなく、また、余白も少なく文章や図等をテキストいっぱいに使っています。

ボリュームとしては、重要事項を中心に絞っていますが、もちろん合格点は目指せます。やや足りない部分については割り切りは必要です。

やはり、このようなテキストを使う場合は、過去問をできるだけたくさん解いて、過去問の解説からも知識をしっかりと吸収する勉強方法が良いですね。

このテキストは、できるだけ短期間で効率よく合格したい人に向いています。

先ほどもお伝えしましたが、早めに勉強を開始して毎日コツコツと取り組むことができる人には、①LECの出る順宅建士合格テキストや②TAC、③ユーキャン、④日建学院のテキストをおすすめします。

判断が少し難しいです。駿台の速攻テキストと比較してみるのも良いかもしれません。

会社員 建一

 

説明の分かりやすさ

このテキストの本文の文末形式は、「だ・である調」で書かれています。ですます調のやさしい雰囲気や講師が実際に講義をしているような雰囲気のテキストが好きな人には向いていないかもしれません。

「目からウロコのポイント解説」や「Tea Time(LEC専任講師のアドバイスや合格者からのメッセージ)」のコーナーは「です・ます調」です。

説明や内容のボリューム的なことについては、小さめな文字でしっかりと書かれていますので分かりやすいです。

ただし、LECの出る順テキストのように、難しい内容でも一つ一つ分かりやすい言葉で丁寧に解説して理解させるような説明とは異なります。

ただし、「目からウロコのポイント解説」はとても役に立ちました。分かりにくい用語を丁寧に解説してくれたり過去問の解き方のコツ、出題範囲の法律をまとめて分かりやすく説明してくれたりと、題名の通り「目からウロコ」でしたね。

本文中に出てくるようなキャラクターはいません。項目ごと最初にでてくるとらのキャラクターと「目からウロコのポイント解説」の最初にでてくる男の子?とそれぞれ講師の似顔絵キャラクターが出てきます。

キャラクターやイラスト等は少ないですが図は分かりやすいです。権利関係の相関図等試験問題を解く上でポイントとなる図がありますが、これが簡単で分かりやすく良いですね。

簡単で分かりやすい図は、その図を参考にして本番でも似たような図が書けると問題を解くスピードが上がります。

欄外の補足やアイコン等はなく、本文の中や「とらの巻」ですべて解説しています。

宅見(たくみ)所長

見やすい図がよく出てきます。権利関係だけではなく、法令上の制限等でもポイントごとに見やすい図が掲載されていますよ。

 

ポイントの見やすさ

色は、3色程度使われています。強調部分は赤のようなはっきりとした濃さではなく少し茶色も入っているやわらかい感じの色です。相関図等には薄い茶色が使われています。

色等、全般的に見やすいテキストです。

重要度のランク分けの表示は2種類あります。まず、各項目ごとの表題の右側にとらのキャラクターの吹き出しで、重要度の高い順に「絶対トラねば!」、「トラねば!」、「トラずとも・・・」の3段階の表示があります。トラにかけてユニークなランク分け表示ですね(笑)。

時間的に余裕がない人は、まずは「トラずとも・・・」は後回しで一通り終わらせることも戦略の一つです。

また、各項目ごとに「とらの巻」というポイントまとめの箇所が出てきますが、その中に「A」、「B」、「C」の3段階でランク分けされています。まとめにもランク分けが表示されているので、残りの勉強期間と相談しながら取り組むことができます。

「とらの巻」は、主に表を中心にまとめられていますので分かりやすいです。この「とらの巻」は、権利関係で97コ、宅建業法で59コ、法令上の制限で45コ、税・価格の評定で23コ、5問免除対象科目で8コ出てきます。

アイコンは特にありませんが、受験勉強中は、ポイントがはっきりしていたので使いやすかったです。

そして、これは最も大切なポイントですが、本番の試験に出題される法改正に完全に対応したテキストです。出版時期が毎年5月頃なので最新の法改正情報の掲載が可能です。

特に、独学の人は改正について自分で情報を集める必要があるため、余分な手間がかからず助かると思います。

宅見(たくみ)所長

「宅建士とらの巻」は、ポイントが明確になっていて覚えやすいテキストです。

 

暗記のしやすさ

先ほどご説明しましたが、「とらの巻」は良くまとまっていて暗記にも便利ですね。

「とらの巻」ほど頻繁に出てきませんが、「ONE POINT ADVAICE !」というコーナーがあって、一言でポイントを教えてくれたり、ゴロ合わせで暗記しやすくしてくれたりしています。

LECのゴロ合わせはセンスが良くて私にバッチリとはまったものがいくつもあったので、試験当日まで役に立ちました。

この「どこでも宅建士とらの巻」は、私が使っていた頃と比べて改正情報以外はほとんど変わっていません。でも、一つだけ大きく変わった箇所があります。それは、「とらの子」という別冊がついたことです。

この「とらの子」はとても良いですね。私が使っていた頃にあったら、もう少し楽に勉強できたと思います。全部で32ページの冊子で、直前期に知識を整理したり暗記したりできます。

「とらの子」良いですね!これだけでも欲しいなぁ~。

会社員 建一

値段

値段は、2,376円(税込)です。

宅見(たくみ)所長

この内容でこの値段なら安く感じますね。

 

総合評価

宅見(たくみ)所長

LECのどこでも宅建士とらの巻の総合評価は、宅建士試験研究所方式では以下のようになりました。ご覧下さい!

 

「LECのどこでも宅建士とらの巻」の評価
ボリューム
(3.5)
説明の分かりやすさ
(3.5)
ポイントの見やすさ
(4.5)
暗記のしやすさ
(4.5)
値段
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

まとめ

宅見(たくみ)所長

今回は、番外編としてLECのテキスト「どこでも宅建士とらの巻」をご紹介しました。建一さん、どうでしたか?
そうですね、宅見所長の説明を聞いていると買いたくなっちゃいますね。でも、私はすでに宅見所長おすすめのテキストで勉強していますから、そのテキストで最後まで頑張ります。

会社員 建一

宅見(たくみ)所長

建一さん、その考え方とても良いですよ。合格目指して最後まで頑張りましょう!

今回ご紹介したLECの「どこでも宅建士とらの巻」は、私が実際に使ったテキストです。このテキストのおかげでギリギリでしたが何とか合格できました(もちろん過去問のLECのウォーク問の力はかなり大きかったですが)。

そのため、このサイト内でご案内したテキストの中では愛着があって思い入れの強いテキストです。

宅建士試験研究所の合格するための戦略の一つですが、本番での獲得目標点数を38点としています。38点をとるための計画の立て方や勉強方法については、このサイト内でご説明しています。

独学の人向けの勉強計画の立て方と勉強方法については、こちら👇をご覧下さい。

アイキャッチ画像 6ヶ月の勉強で合格!【保存版】宅建士に効率よく合格できるスケジュール。勉強期間6ヶ月(半年)の独学者向けの計画と勉強方法。

 

でも、実際に38問正解するってなかなか大変なことですよ。

やはり、ゆとりを持って確実に合格するためには、他の人よりも少しでも早く勉強を開始して本番まで努力を継続することが大切です。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です